DSCF1302.jpg

STORY

30年前、伝説の映画を監督したが、今や過去の人となっている男・大根(加藤雅也)。大根は、ピンサロ嬢として働くタマコ(熊切あさ美)のヒモとなり空虚な生活を送っている。

そんなある日、タマコの昔の男が「俺から離れられると思うなよ」と現れる。大根とタマコは大学時代の後輩が館長を務める広島のストリップ劇場に逃げ込む。そんな二人を温かく迎え入れる館長(横山雄二)。大根とタマコはストリップ劇場の楽屋に住み込むことになる。二人の人柄に惹かれ、歓楽街に住まう仲間たちも歓迎ムード。温かく満ち足りた時間が続く。

しかし、大根がストリッパー(小原春香)に手を出したことから保たれていたそれぞれのバランスが崩れて行く。

「あんた、格好悪すぎるよ。いつまでも、俺たちの憧れでいてくれよ。なんで、そんな下らない男に成り下がったんだよ」大根を叱責する館長。

 

映画を撮ることが出来ない大根の思い。

 

ヒモを養うタマコにも

人には言えない凄惨な過去があった。

そして、それぞれの未来は…。

 

ハリウッド俳優でもある加藤雅也を中心に、

男臭い友情と嫉妬、男と女の情念、夢と現実。

入り乱れる世界観がときにコミカルに、

ときにハードボイルドに描かれる。

広島を舞台にした映画製作シリーズ

「広島ヌーヴェル・ヴァーグ」作品。

DSCF3194.jpg